はじめに
台風の記憶
一関の歴史
一関と文学
近隣の見所
一関の思い出話
栗駒山散歩
自然とともに
一関通信
リンク

回想
一関からこんにちは



TOP



風聞園
エッセイ集「落とし文」





Since 1997.5.17





 青く澄んだ空、ブナの原生林、栗駒山の可憐な花たち、そして白鳥が飛来するまち。豊かな自然の中で、幾多の災害や苦難にも耐え、懸命に生きてきた人たち。誇り高い歴史と文化を持つ岩手県南の玄関口一関。

 すばらしい自然と暖かい人たちに囲まれ、一関の生活をエンジョイする中で始めたのがホームページ「一関からこんにちは」。6年間の単身赴任生活も終わり、家族の元に戻ってからは時々一関を訪問し、一関の友が送ってくれるお便りを「一関通信」として掲載してきた。一関での生活が終わって5年目、「一関からこんにちは」のパートナーであった友の旅立ち、年々進化を続ける一関と私の記憶の内にある一関の乖離が気になり始め、タイトルを「一関のおもいで」と書き直すことにした。「一関からこんにちは」に引き続き「一関のおもいで」をご覧ください。


運動公園から見た栗駒山